保育所が少ない問題

保育所が少ない問題

近隣住民が許さない
保育所の建設ができる状況になり、土地を購入し実際に保育所を建設する説明会を近隣住民の方々にする際に、反対が出ないところがないといわれるくらいに、保育所の建設はもめることが多いです。どんなにいい条件で国の基準を満たしていても、近隣住民の方々が反対するという事では建設できません。

なぜ?子供たちの保育所の建設が反対されるのかというと、騒音問題などがあります。住宅地で今まで静かに暮らしていたのに、子供たちの騒ぐ声が響くようでは困る、高齢化が進み病気をされている方もいる中で、子供たちのうるさい声は非常に耳障りになる、高齢の方ほど、今の生活を守りたいという事で反対されるかたが多いようです。

また子供たちが通園してくるとなると、送迎の車で道が混む、停車する車が多くなり問題が起こるという事も心配されており、いくら園の方で解決策を考えても、とにかく建設はしてほしくないと譲らない地域が多いようです。

ただ音がなるべく外に漏れないように防音壁を建てるとか、壁に防音材を入れて室内から音が漏れないようにする、さらに送迎についてはバスを利用してもらい、園の近くに入ってこられない用意をするなど、様々な案をだしそれによって地域の方々が建設に同意してくれたという例もあります。

保育所が少ないという問題については、こうした近隣住民の方々の反対行動等もあり、うまくいかないことも多いのです。