保育所が少ない問題

保育所が少ない問題

保育所の少なさと雇用
保育所は特に都市部で需要が高い、でも土地生産性が低く民間企業はなかなか経営していくことができない、でも徐々に補助金を確保できるようになり、以前よりはよりよい経営ができるようにはなっています。しかし、認可外ではなくなった保育所であっても自治体が経営する公立の保育所と比較すると、保育士一人一人が忙しく、給料も低いという状態で公立以外で働きたくないという方が多いのも事実です。

都市部では保育所が少ない、これから建設されるという場合でも、そこに雇用される保育士が、本当に魅力をもって雇用され、生活がしっかりできるかというとそこにも厳しさがあります。都市部なのにお給料が低い状態で働く、しかも通勤するのも家賃もお金がかかる、となると生活は苦しいものとなります。

それにモンスターペアレンツと呼ばれるような攻撃性の高い保護者の方も今は多くなっているという事で、精神的にも疲弊する仕事です。忙しくてお給料が少なくて文句も言われてしまうという雇用では、誰も魅力を感じることがなく、結局別の仕事についてしまうという事もあります。保育所が出来てその保育所がいくら魅力がある状態だとしても、雇用条件がよくなければ雇用されたいとも思わないのです。